TOPICS

Botanical Lighting Objects ドローンライブ

石川県能登町で行われた「交流フェスタ2017」で展示された光のオブジェをドローン撮影しました。当日は金沢工業大学の学生が計画から設営まで行い美しい夜のインスタレーションを創りだしました。

〈日 時〉 2017 年 8 月 26 日(土) 21:00 ~
〈場 所〉 能登町ふれあいの里やなぎだ植物公園
〈撮影協力〉 金沢工業大学建築系下川研究室、 NPO 法人趣都金澤
〈撮影〉 ヨシタデザインプランニング

 

 

ガスの調理の魅力をパティシエ辻口博啓氏が伝える企画。繊細なスイーツづくりにはフランベや微妙な火力の調整が必要であることを様々なアングルで捉えました。暗い厨房で炎を真剣に操ることでクすリエイターとしての信念を表現しています。

■TVCM

Client : kanazwashi kigyoukyoku

General Producer : Mamoru Yoshita (YDP)
Assistant Producer:Shiro Yamazaki (STRIPE)
PM : Kiyomi Saito (STRIPE)
Director:Hidenori Yamauchi
Camera : Yusuke Maekawa (Michiyokou)
Editor : Takayuki Oonishi
Color grating:Yusuke Maekawa (Michiyokou)
MultiAudio : Shiro Yamazaki (STRIPE)
CopyWriter : Mamoru Yoshita (YDP)
Model : hironobu tsujiguchi
Make : Emi Nishimura (Tume nail)
Asist : Yayoi asai Sari Fugino (YDP)
cooperation : LE MUSEE DE H

 

金沢市照円寺に所蔵する「地獄極楽絵図」のご開帳イベントデザイン。照円寺には八種の地獄と六道を含めた計16枚の絵が収蔵されておリ年に2回開帳されています。美術品としての価値も高く、古来道徳教育の石杖として江戸時代から伝わる絵解きを交え、地域とともに歴史的なブランドアップを図る予定です。

 

 

●「照円寺の地獄極楽絵図」について
照円寺の「地獄極楽絵図」は、江戸時代の後期にはその存在が確認されており、毎年春の「お彼岸」に公開されてきました。この「地獄極楽絵図」は平安時代中期の名僧「源信和尚(942-1017年)」の書かれた「往生要集」に基づいて描かれたものです。
 「往生要集」とは、上中下三巻からなり、三毒の煩悩「貪(とん)=必要以上にむさぼり求める心・瞋(しん)=自己中心的な怒りの心・痴(ち)=真理を知らないまま思い込む心」にさいなまれ道を失った人々に生きる道を説いた書で、我が国の浄土教の先駆けとして、法然上人(浄土宗)、親鸞聖人(浄土真宗)に受け継がれ現在に至っております。
 昨今、テレビからは毎日のように殺伐とした事件のニュースが流れています。三毒の煩悩は平安の世も平成の世も時代に関わらず、人間を苦しめています。その煩悩に流された先に何が待っているのか? 流されずに済む方法は? そんなヒントが「地獄極楽絵図」には多く隠されて描かれています。
 このような時代だからこそ、自分の人生を振り返る時間を、自分のこれからの人生を考える時間をつくる場にしていただければ幸いです。秋彼岸のご開帳は初めての試み(絵の傷みが年々深刻化)で、3日間という限られた期間ではありますが、多くの皆様にご覧いただけますことを心より願っております。
照円寺十九世 島田 敬雄

●照円寺の歴史
西暦一四四九年(宝徳元年)源権之頭(みなもとのごんのかみ)が蓮如上人から「順誓」(じゅんせい)の名を受けたことから始まります。一六四九年(慶安元年)第三代加賀藩主前田利常公より現在の地を寄進され、移転するとともに別院守護と触頭(江戸時代潘や寺社奉行の下で地域の寺院の統率を行う役職)を命じられ今日に至ります。 

エネルギー、リフォーム、生活用品販売を行うマルヰグループの企業イメージCMです。好奇心を持って前向きに仕事に取り組む姿勢を子どもの生き生きした表情で表現しました。配送シーンや会議シーンなど大人の仕事をパロディーで演技してもらっています。「オレが子どもに見えるのは、夢中になっているからさ。私が子どもに見えるのは、いつも笑顔でいるからよ」歌詞は大人にも響く言葉です。

■TVCM
Client : Marui Group
Producer : Mamoru Yoshita (YDP)
Director: Mamoru Yoshita (YDP)
Plan : Yayoi Asai (YDP)
Camera : Kouta Yamada (Ohako Studio)
drone : Mamoru Yoshita (YDP)
Editor : Yuka Yasuda (YDP)
PM : Yayoi Asai (YDP)
Song arrangement : nonchamp (otokoto)
MultiAudio : Hirokazu Watanabe (avic studio KANAZAWA)
CopyWriter : Mamoru Yoshita Yayoi Asai (YDP)
HairMake : Emi Nishimura (tumenail)
Asist : Sari Fugino Sae Sakai Shizuko Yoshita(YDP)

Blocked by one-dollar charge
TIMER LOCK 3 Released for Smart Phone Addicts

Yoshita Design Planning is a design consulting company in Kanazawa Japan.
In addition to web design, we have been concerned about users’ addiction to smart phones. Smart phone addiction has been a significant problem in recent years, and it is quite common to fiddle with a smart phone for more than five hours a day.

●Functions of TIMER LOCK 3
This app locks the smart phone for a certain time from the current time till the set time. The interval is every 10 minutes and a maximum time length is 12 hours. In case of emergency, the communication function remains ON.
If you are not patient enough and want to reset the lock function halfway, one dollar will be charged.!

●How to Use
Search the Google play store especially designed for the Android terminal devices for “timerlock3”.

DOWN LOAD↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.has.timer_lock3

 

●Background

This application was designed for those who tend to lack in concentration and check their smartphone when they should be studying for entrance exams, tests, etc. It’s for those who continue checking their text messages or wasting time on social networks. It’s also for those who keep touching the smartphone till late at night and cannot enter a deep sleep.
Checking your smartphone for 3 hours every day is equal to spending 5 years on your phone if you continue doing this for 40 years. Checking your smartphone for 6 hours every day is equal to spending 10 years within the same period. Let’s save our precious time to use it for something more meaningful.

 

■ For inquiry: Mamoru Yoshita, Yoshita Design Planning Inc.
2-64 Shimenonaka-machi,Kanazawa,Ishikawa 920-0058 Japan

You are kindly requested to interview us only through e-mail.
ydp@yoshita-design.com  http://www.yoshita-design.com
Person in charge: Mamoru Yoshita

 

 

 

 

345